■ザ・リッツカールトン・ヨットコレクション(概要)■

 

ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー(親会社:マリオット・インターナショナル)は2019年にクルーズ事業を開始します。過去にホテル会社がクルーズ事業に参入するのは業界初の試みです。「ザ・リッツ・カールトンヨットコレクション」として、3隻の小規模の豪華客船を保有して運航。世界のクルーズ人口が増加傾向にある一方で、定員300名以下の小規模の豪華客船は世界で4隻しか運航されていないことなどから参入を決定しました。個人客のみならず、プライベートチャーターにも対応いたします。

 

 

現在、ザ・リッツ・カールトンのリゾートホテルでの滞在と、クルーズ旅行を組み合わせた7日間から10日間までの航海スケジュール。1隻目の処女航海は夏は地中海や北欧などのヨーロッパエリア。冬はカリブ海、ラテンアメリカをクルージング。クルーズ船は3隻ともに新造船で、全長190メートル、最大収容人数298名。

 

ザ・リッツ・カールトンヨットコレクションの船体  

引用:touri News es

 

船内には149のバルコニー付きスイートと、リッツカールトンがクルーズ船デザインに定評のあるティルバーグ・デザイン・オブ・スウェーデンと共にデザインした138㎡の豪華な二階建てペントハウススイートを擁します。クルーズ業界では初となるリッツ・カールトンブランドのアイコンとして知られるゲストひとりひとりにカスタマイズされた上質なサービスと快適さ提供します。

 

 

ザ・リッツカールトン・ヨットは「ウルトラ・ラグジュアリーヨット」であって「アンチクルーズシップ」つまりクルーズではないと称しています。

 

 

航海スケジュールは、リッツ・カールトンのラグジュアリーリゾートでの滞在と、エレガントカジュアルで自由なクルーズ旅行を組み合わせ、シーズンごとに地中海、北欧、カリブ海、ラテンアメリカの町に寄港する7日間から10日間の日程です。

 

 

また、大型船が入れないイタリアのカプリやポルトフィーノ、カリブ海の仏領サン・バルテルミー、コロンビアのカルタヘナなどへの寄港もユニークな点です。

 

 

船内では、「ザ・リッツ・カールトンウォルフスブルク」の3つ星レストラン「アクア」のスヴェン・エルバーフェルドのレストランや、リッツ・カールトンスパ、パノラマラウンジ、ワインバー、船内エンターテイメントを展開。また、その土地の地元シェフや、ミュージシャン、アーティストとコラボレーションしたサービスの提供も予定されています。

 

 

また、その土地の地元シェフや、ミュージシャン、アーティストとコラボレーションしたサービスの提供も予定されています。

 

 

このほど、長きにわたる海事の伝統に従って、1艘目となるヨットの起工式をスペイン・ヴィーゴの「HJバレラス 造船所」にて開催しました。

 

ザ・リッツ・カールトンヨットコレクションの事業を実現するための航海に乗り出した中で、この起工式を迎えることができ、大変うれしく思います。この起工式は、他には類を見ないラグジュアリーな船上でオンリーワンの体験をご提供し、リッツ・カールトンならではのゲスト体験とサービスを味わっていただきたいという、私たちの長年の夢が実現することを示しています」

 

船舶建造の正式な開始を記念して行う起工式は、船のバックボーンとなる中央の船梁を最初に配置することが伝統だったが、現代の船舶建造ではブロックを溶接して組み立てていくため、この日の起工式でも最初のブロックをドックに配置する形式で行なわれました。

 

<同式典に参列した主要な関係者>

・HJバレラス造船所 会長 
 ホセ・ガルシア・コスタス氏

・ティルバーグデザインオブスウェーデン オーナー兼
 エグゼクティブ・プロジェクト・ディレクター
 フレデリック・ヨハンソン氏

・ザ・リッツ・カールトンヨットコレクション 
 マネージングディレクター
 ダグラス・プロセロ氏 

・マリオット・インターナショナル グローバル・リアルエステート・オフィサー

 ティモシー・グリシウス氏

・マリオット・インターナショナル エグゼクティブ・ヴァイスプレジデント
 兼グローバル開発最高責任者
 アンソニー・カプアノ氏

 

上記の他、ザ・リッツ・カールトンヨットコレクション経営陣、投資家グループであるオークツリー・キャピタル・マネジメント, L.P.のメンバー各氏も参列し、式典のハイライトとして、建造および完成後の航海の無事と成功を願う記念メダルの発表と船体への溶接が行われました。

 

ザ・リッツ・カールトンヨットコレクション マネージングディレクター ダグラス・プロセロ氏のコメントより


船舶の建造において重要な節目である起工式を迎えることができたことは、海上でのラグジュアリーを再定義しようというザ・リッツ・カールトンヨットコレクションの試みが順調に進んでいることを示しています。

プライベートな船旅に丁度良いサイズの船舶と魅力的なプランにより、お客様はザ・リッツ・カールトンの伝説的なサービスを満喫しつつ、思いがけない土地への寄港と探訪をお楽しみいただけます。

とてもエキサイティングなプロジェクトで、今後さらなる節目を迎えていきたく存じます」

 

ティルバーグデザインオブスウェーデン オーナー兼

エグゼクティブ・プロジェクト・ディレクター

フレデリック・ヨハンソン氏のコメントより


「白紙の状態から始まったザ・リッツ・カールトンヨットコレクションのデザインは、本当に刺激的でした。

私たちは、文字通りのゼロから新たなブランドの全体像を創り上げたのです。ヨットをデザインするにあたっての基本理念は、プライバシーを大切にし、ゆったりくつろげる広々とした空間です。

デザインにおいても、海上で最高に洗練された唯一無二の体験を創り上げていく上で、すでに大きく前進していることをこの起工式で実感しました」


ritzcarlton.com より

 

日本へのデビューはおそらく2隻目以降となると思われます。夏はアラスカ、冬はオーストリアやニュージーランド日本寄港は春から秋になるのかと思われます。だいたい就航してから3年目の2022年以降と予想します。日本にもリッツカールトンファンにとっては待望の豪華客船です。

 

■ザ・リッツカールトン・ヨットのスイート(客室)

ザ・リッツカールトン・ヨットのスイートルーム(客室のことをキャビンと呼ばず、スイートと名称)は149室、定員298名で構成されています。通常のクルーズ船ではありえない、全室スイート、ベランダ付き。

しかもスイートの面積は最低でも37㎡。

 

これは他のラグジュアリークラスのクルーズ客船でもペントハウススイートレベルが一番最低ランクのお部屋です。

一番最初にご紹介するのが「ザ・オーナーズ スイート」159㎡の広さを誇ります。

上の写真はリビング&ダイニングスペース。そして開放感あふれるベランダとテラスです。

 

「ザ・オーナーズ スイート」のベッドルーム。

 

「ザ・オーナーズ スイート」のエントランス。

こちらで船内で知り合ったゲストを招いてルームサービスのお食事をお楽しみいただけます。

 

 

こちらは「ロフト・スイート」と称し、スイート(客室)が2層に分かれております。面積は73㎡を誇ります。

上段がリビングルーム。ベランダ付いており、お部屋でのルームサービスもこちらのリビングでお楽しみいただけます。

 

ロフト・スイート」の下段はベッドルームです。落ち着いた雰囲気で、ゆっくり旅の疲れを癒せそうです。

 

こちらは「グランド・スイート」76㎡の広さを誇ります。「ロフト・スイート」と比較しても広さはさほど変わりませんが平家建てという感覚です。

 

上の写真は「テラス・スイート」ザ・リッツカールトン・ヨットの標準的なスイートです。37㎡ございます。
プレミアムクラスのクルーズ客船のスイート以上の広さを誇り、業界最大級のスペースを確保します。

 

■ザ・リッツ・カールトンヨットのレストラン&バー

ザ・リッツ・カールトンヨットコレクションのメインダイニング。

 

ザ・リッツ・カールトンヨットの船内では、「ザ・リッツ・カールトン・ウォルフスブルク」の3つ星レストラン

Aqua(アクア」の料理長スヴェン・エルバーフェルド氏のレストランで乗船客の食事を提供します。

 

その「ザ・リッツ・カールトン・ウォルフスブルク」があるヴォルフスブルクは、ドイツ北部に位置する自動車産業で有名な街です。2000年にフォルクスワーゲン本社工場に隣接した体験型テーマパーク「アウトシュタット(自動車の街)」がオープンして以来、観光地としても人気になっています。

 

このテーマパークの敷地内にある「ザ・リッツ・カールトン・ウォルフスブルク」内のミシュラン3つ星のレストラン「Aqua(アクア)」があります。

上の写真は「ザ・アウトドア・グリル」

メインダイニングよりもよりカジュアルな食事がお楽しみいただけます。主に朝食や昼食を提供いたします。

 

サンペリグリノ世界のベストレストラン50」にも選ばれるなど、世界のトップレベルと名高い「ザ・リッツ・カールトン・ウォルフスブルク」の3つ星レストラン「Aqua(アクア)」
新しい形のドイツキュイジーヌの立役者といわれる彼の料理は、楽しい驚きに満ちていて、コースの最初から最後までゲストを味覚で楽しませます。
このレストランの味がカリブ海や北極海でも味わえるなんて究極のラグジュアリークルーズが堪能できます。

 

ザ・リッツ・カールトン・ヨットのレストランを詳しく知りたい方はこちら

実際の航海で提供される料理はもちろん異なりますので、あくまでもイメージということをお伝えしておきます。(foodspotting.comより)

▪️2020年航海スケジュール

豪華ラグジュアリーホテルの代名詞とも呼ばれる「ザ・リッツカールトンホテル」が2020年クルーズ業界にデビューが決定しました。「動くザ・リッツカールトンホテル」と呼ばれ、業界もさることながら世界中のラグジュアリートラベラーの注目の的となっております。

【2020年スケジュール】2018年4月現在
※行程は諸事情で変更される場合がございます。

 

カリブ海クルージング

◆2020年2月1日(土)~2月5日(水) 4泊
フォートローダーデル (フロリダ州 USA)~ビミニ島(バハマ)~キーウェスト(フロリダ州 USA)~フォートローダーデル(フロリダ州 USA)
:停泊

◆2020年2月5日(水)~2月15日(土) 10泊 
フォートローダーデル (フロリダ州 USA)~サマナ(ドミニカ)~サントドミンゴ(ドミニカ)~サンファン(プエルトリコ)~エスペランサ・ビエケス島(プエルトリコ)~チャールストン(セントキッズ島)~テール=ド=オー(グアドループ)~フォート・デ・フランス(マルチニーク島)~ブリッジタウン(バルバドス)

◆2020年2月15日(水)~2月22日(土) 7泊
ブリッジタウン(バルバドス)~ベキア島(セントビンセント・グレナディーン)~メイルー島(セントビンセント・グレナディーン)~ウィレムスタット(キュラソー島)~カルタヘナ(コロンビア)
:停泊


◆2020年2月22日(水)~2月29日(土) 7泊
カルタヘナ(コロンビア)~オラニエスタッド(アルバ島)~セントジョージズ(グレナダ島)~ウィレムスタット(キュラソー島)~セント・ジョージズ(グレナダ)~カリアク島(グレナダ)~ユニオン島(セントビンセント・グレナディーン)~ブリッジタウン(バルバドス)
:停泊

◆2020年2月29日(土)~3月7日(土) 7泊
ブリッジタウン(バルバドス)~リトルベイ(モントセラト)~チャールストン(セントキッズ島)~トルトーラ(英国ヴァージン諸島)~ノーマン島(英国ヴァージン諸島)~グスタビア(セントバース島)~ユニオン島(セントビンセント・グレナディーン)~フィリップスバーグ(セントマーチン島)
:停泊

◆2020年3月7日(土)~3月14日(土) 7泊
フィリップスバーグ(セントマーチン島)~セント・ジョージズ(グレナダ)~スカボロー(トリニダード・トバゴ)~トバゴケイ(セントビンセント・グレナディーン)~カヌアン島(セントビンセント・グレナディーン)~メイルー島(セントビンセント・グレナディーン)~ブリッジタウン(バルバドス)
:2停泊

◆2020年3月14日(土)~3月21日(土) 7泊
ブリッジタウン(バルバドス)~ファルマウスハーバー(アンティグア・バーブーダ)~テレデハウト(グアドループ)~フォート・デ・フランス(マルチニーク島)~レマリン(マルチニーク島)~スフレ(セントルシア)~カストリーズ(セントルシア)

◆2020年3月21日(土)~3月28日(土) 7泊
カストリーズ(セントルシア)~スカボロー(トリニダード・トバゴ)~セントジョージズ(グレナダ島)~メイルー島(セントビンセント・グレナディーン)~ベキア島(セントビンセント・グレナディーン)~ブリッジタウン(バルバドス)
:停泊

◆2020年3月28日(土)~4月9日(木) 12泊
ブリッジタウン(バルバドス)~ラ・パルマス(グラン・カナリア島/スペイン)~ランザトーレ(カナリア諸島/スペイン)~リスボン(ポルトガル)

 

地中海&エーゲ海クルージング


◆2020年4月9日(木)~4月17日(金) 8泊
リスボン(ポルトガル)~ジブラルタル(英領)~マラガ(スペイン)~バレンシア(スペイン)~イビザ島(スペイン)~~パルマ・デ・マヨルカ島(スペイン)
:停泊

◆2020年4月17日(金)~4月26日(日) 9泊
パルマ・デ・マヨルカ島(スペイン)~フォーメンテラ(スペイン)~マオン(メノルカ島/スペイン)~ボニファシオ(コルシカ島/フランス)~ ポルト・ロトンド(サルディニア島/イタリア)~リパリ(イタリア)~バレッタ(マルタ共和国)
:停泊

◆2020年4月26日(日)~5月3日(日) 7泊
バレッタ(マルタ共和国)~モネンヴァシア(ギリシャ)~サントリーニ島(ギリシャ)~ミコノス島(ギリシャ)~ナフプリオン(ギリシャ)~ピレウス(アテネ/ギリシャ)
:停泊


◆2020年5月3日(日)~5月10日(日) 7泊
ピレウス(アテネ/ギリシャ)~コルフ島(ギリシャ)~コトール(モンテネグロ)~ドブロブニク(クロアチア)~ベニス(イタリア)
:停泊

◆2020年5月10日(日)~5月21日(木) 11泊
ベニス(イタリア) ~コペル(スロベニア)~フバル島(クロアチア)~ドブロブニク(クロアチア)~タオルミーナ(シチリア島/イタリア)~ソレント(イタリア) ~チビタベッキア(ローマ/イタリア):停泊

◆2020年5月21日(木)~5月29日(金) 8泊
チビタベッキア(ローマ/イタリア)~モンテカルロ(モナコ)~ポルトフィーノ(イタリア) ~ リボルノ(イタリア)~チビタベッキア(ローマ/イタリア)
:停泊
:2停泊

◆2020年5月29日(金)~6月7日(日) 9泊
チビタベッキア(ローマ/イタリア)~ ポルトベッキオ(コルシカ島/フランス)~ カルビ(コルシカ島/フランス)~ カンヌ(フランス)~ マルセイユ(フランス)~カシス(フランス)~モンテカルロ(モナコ)
:停泊
:2停泊


◆2020年6月7日(日) ~6月14日(日) 7泊
モンテカルロ(モナコ)~アンティーブ(フランス)~サンドロペ(フランス) ~セ・テ(フランス)~ロザス(スペイン)~バルセロナ(スペイン) 
:停泊 

◆2020年6月14日(日) ~6月21日(日) 7泊
バルセロナ(スペイン) ~イビザ島(スペイン)~パルマ・デ・マヨルカ島(スペイン)~フォーメンテラ(スペイン)~マオン(メノルカ島/スペイン)~ ソレル(マヨルカ島/スペイン)~パルマ・デ・マヨルカ(マヨルカ島/スペイン)
:停泊 


◆2020年6月14日(日) ~6月28日(日) 7泊
パルマ・デ・マヨルカ島(スペイン)~ カルタヘナ(スペイン)~マラガ(スペイン)~ジブラルタル(英領)~リスボン(ポルトガル)
:停泊 

◆2020年6月28日(日) ~7月5日(日) 7泊
リスボン(ポルトガル)~ヴィーゴ(スペイン) ~ビルバオ(スペイン)~ビアリッツ(フランス)~ボルドー(フランス)
:停泊


◆2020年7月5日(日) ~7月14日(火) 9泊
ボルドー(フランス)~ベルリ島(フランス)~サン・マロ(フランス)~オンフルール(フランス)~セント・ピーターポート(ガンジー島)~ロンドン(グリニッジ/UK)
:停泊

 

北欧&バルト海クルージング


◆2020年7月14日(火)~7月23日(木) 9泊
ロンドン(グリニッジ/UK)~ブルージュ(ベルギー)~アントワープ(ベルギー)~アムステルダム(オランダ)~ハンブルク(ドイツ)
:停泊


◆2020年7月23日(木)~7月30日(木) 7泊
ハンブルク(ドイツ)~ロストク(ヴァーネミュンデ/ドイツ)~レネ(デンマーク)~コペンハーゲン(デンマーク)
:停泊


◆2020年7月30日(木)~8月9日(日) 10泊
コペンハーゲン(デンマーク)~タリン(エストニア)~サンクトペテルブルグ(ロシア)~マリエハムン(フィンランド)~ストックホルム(スウェーデン)
:停泊
:2停泊

◆2020年7月30日(木)~8月9日(日) 10泊
コペンハーゲン(デンマーク)~タリン(エストニア)~サンクトペテルブルグ(ロシア)~マリエハムン(フィンランド)~ストックホルム(スウェーデン)
:停泊
:2停泊

◆2020年8月9日(日) ~8月19日(水) 10泊
ストックホルム(スウェーデン)~マリエハムン(フィンランド)~サンクトペテルブルグ(ロシア)~タリン(エストニア)~コペンハーゲン(デンマーク)
:停泊
:2停泊


◆2020年8月19日(水)~8月28日(金) 8泊
コペンハーゲン(デンマーク)~ヘリシングボリ~(スウェーデン)~イェーテボリ(スウェーデン)~リューセヒール(スウェーデン)~オスロ(ノルウェー)~リーセール(ノルウェー)~エジンバラ(UK)
:停泊

◆2020年8月28日(金) ~9月5日(土) 7泊
エジンバラ(UK)~インターゴードン(UK)~カークウォール(UK)~トースハウン(フェロー諸島/UK)~レイキャビク(アイスランド)
:停泊

◆2020年8月28日(金) ~9月5日(土) 14泊
レイキャビク(アイスランド)~アークレイリ(アイスランド)~ スティッキスホールムル(アイスランド)~ ベストマンナ諸島(アイスランド)~レイキャビク(アイスランド)
:停泊

 

カナダ&ニューイングランドクルージング

◆2020年8月28日(金) ~10月3日(土) 7泊
レイキャビク(アイスランド)~ スティッキスホールムル(アイスランド)~ カコルトク(グリーンランド)~ルンズ・オウ・メドーズ(カナダ)~ボン・ベイ(カナダ)~チャールストン(カナダ)~ルイスバーグ(カナダ)~ハリファックス(カナダ)
:停泊

◆2020年9月26日(土) ~10月3日(土) 7泊
ハリファックス(カナダ)~ ルーネンバーグ(カナダ)~ セントアンドリュー(カナダ)~バーハーバー(USA)~ロックランド(USA)~ポートランド(USA)~セーレム(USA)~ボストン(USA)

◆2020年10月3日(土) ~10月15日(木) 12泊
ボストン(USA)~バーハーバー(USA)~ハリファックス(カナダ)~チャールストン(カナダ)~ガスペ(カナダ)~タドゥーサク(カナダ)~ケベック(カナダ)~モントリオール(カナダ)
:停泊

◆2020年10月15日(木) ~10月27日(火) 12泊
モントリオール(カナダ)~ケベック(カナダ)~タドゥーサク(カナダ)~ガスペ(カナダ)~チャールストン(カナダ)~ハリファックス(カナダ)~~バーハーバー(USA)~ ボストン(USA)
:停泊

◆2020年110月27日(火) ~11月5日(木) 9泊
ボストン(USA)~ニューポート(USA)~ニューヨーク(USA)~ チャールストン(USA)~ナッソー(バハマ)
:停泊

 

カリブ海クルージング


◆2020年11月6日(金)~11月14日(土) 8泊 
フォートローダーデル (フロリダ州 USA)~キーウェスト(USA)~グランドターク(タークス&カイコス諸島)~~サマナ(ドミニカ)~ラ・ロマナ(ドミニカ)~カタリナ島(ドミニカ)~サンファン(プエルトリコ)


◆2020年11月14日(土) ~11月21日(土) 7泊 
サンファン(プエルトリコ)~エスペランサ・ビエケス島(プエルトリコ)~ヨースト・バン・ダイク(英領ヴァージン諸島)~トルトーラ(英領ヴァージン諸島)~グスタビア(サン・バルテルミー島.仏領)~マリゴット(セントマーティン)~フィリップスバーグ(セントマーティン)
:停泊

◆2020年11月21日(土) ~11月28日(土) 7泊
フィリップスバーグ(セントマーティン)~リトルベイ(モントセラト)~テール=ド=オー(グアドループ)~ポアント・ア・ピートル(グアドループ)~ル・マリン(マルティニーク島)~ブリッジタウン(バルバトス)

◆2020年11月28日(土) ~12月8日(土) 7泊
ブリッジタウン(バルバトス)~ベキア島(セントビンセント・グレナディーン)~メイルー島(セントビンセント・グレナディーン)~カリアク島(グレナダ)~セントジョージズ(グレナダ)~ウィレムスタット(キュラソー島)~サンタ・マルタ(コロンビア)~カルタヘナ(コロンビア)
:停泊

◆2020年12月8日(土) ~12月18日(金) 11泊
カルタヘナ(コロンビア)~コロン(パナマ)~ボカス・デル・トロ(パナマ)~プエルトリモン(コスタリカ)~プロビデンシア島(コロンビア)~ベリーズシティ(ベリーズ)~コズメル(メキシコ)
:停泊

◆2020年12月18日(土) ~12月27日(日) 8泊
コズメル(メキシコ)~カンペチェ(メキシコ)~プログレッソ(メキシコ)~キーウェスト(USA)~フォートローダーデル(USA)
:停泊

◆2020年12月27日(日)~2021年1月3日(土) 7泊 
フォートローダーデル (フロリダ州 USA)~キーウェスト(USA)~サントドミンゴ(ドミニカ)~カタリナ島(ドミニカ)~エスペランサ・ビエケス島(プエルトリコ)~サンファン(プエルトリコ)

 

 

デビューは2020年2月1日、就航はアメリカのフロリダ州のフォートローダーデール。アメリカのベニスとも呼ばれる、優雅な雰囲気の街です。

北半球の冬に当たる時期はカリブ海を航行。春から夏にかけては地中海やエーゲ海を周遊。更に北欧まで航路を進めます。そして秋には紅葉がきれいな「カナダ&ニューイングランド」を巡ります。

クルーズとしての鉄板のコースを盛り込ませながら大型客船が入港できない風光明媚な寄港地に停泊したり
独自のユニークな観光も用意されます。

リッツカールトンヨットは、寄港地滞在を重視しているので他のクルーズラインよりも停泊地も多いのが特徴です。

 

ザ・リッツ・カールトンヨットコレクションに関するこちらの記事もごらんください。

 ザ・リッツ・カールトンが2019年豪華客船就航

ザ・リッツカールトン・ヨット 2020年スケジュール発表

ザ・リッツカールトン・ヨットのスイート(客室)をご紹介します

ザ・リッツ・カールトン・ヨットのレストラン


ザ・リッツ・カールトン・ヨットのお問い合わせはこちら

facebookに「いいね」を押していただければ幸いです!